シュリーレン法とは | カトウ光研株式会社
カトウ光研株式会社

シュリーレン法とは

HOME可視化技術の見える化 > シュリーレン法とは
カタログダウンロード 可視化事例集 製品ページへ

シュリーレン法とは?

透明体の中に屈折率のわずかに異なる部分があるとき、光線の進行方向の変化を利用してその部分が明確に見えるようにする光学的手法です。媒質中を伝播する超音波や衝撃波の進行状況や、炎による気流の上昇、光学レンズの欠陥などを観察することができます。密度構造を評価するには最適な可視化手法ですが、流れを定量的に評価・計測するというところではトレーサーを用いるPIV計測が適しています。対してトレーサー粒子の追随性が確保できない高速現象の可視化評価では、シュリーレン法は極めて有効になります。

図

シュリーレン装置の原理

透明な気体、液体及び固体中の不均質状態が密度勾配として、通過光が曲げられます。 このわずかな屈折率の変化を、平行度の高い光により大きな明暗の差に変えて観測する装置です。流体の可視化手法としてはマーカーとなる粒子などを散布せずに可視化できますので、計測対象への影響が極めて抑えられた計測が可能です。

シュリーレン装置の手法

点光源の光を光学系により平行光束とし、観測空間を通過させた後に再び光束を集束させます。その焦点を結ぶ箇所をナイフエッジで遮ります。観測空間に屈折率のムラがあると光が歪み焦点がずれますので、ナイフエッジで遮られたムラは影として画像に表示されます。これにより被測定物の密度分布が明暗のコントラストとして、観測できます。ナイフエッジを用いない場合は光学配置が簡易なシャドウグラフの撮影となりますが、可視化の感度ではシュリーレン法が圧倒的に優れています。
PIVシステムの図1
PIVシステムの図2

関連製品

システムシュリーレンシステムシュリーレン
手軽なシュリーレン撮影を実現した省スペース光学システム
レンズ式シュリーレンレンズ式シュリーレン
原理把握が容易で教育用にも最適なベーシックモデル
USB高速度カメラ K5 USB高速度カメラ K5
高速流体に対応した撮影速度を誇る超高感度USBモデル
シュリーレン用キセノン光源シュリーレン用キセノン光源
シュリーレン専用に特化した可視化に最適な高品質光源
レンタルのご案内
カタログダウンロード